ヘッジファンドの仕掛け日は回避すべきか

3月 8th, 2015

ヘッジファンドの目的は、出資者への配当金を返すために利益を出す。というシンプルなものです。しかしその配当金がかなりの高額倍率設定にしてありますので、ヘッジファンドはかなり大掛かりな仕掛けを市場にもたらします。この仕掛けにはまって退場してしまった人たちの資産が、ヘッジファンドに出資した人たちへの配当金になるわけです。

ここで投資上の戦略として、ヘッジファンドが動くタイミングでの投資を避けるべきか、という考え方もあります。ヘッジファンドは世界中に無数にある金融組織ですので、世界中の個人投資家の足並みの揃わない資金投入ではできないとされる、市場の戦略的コントロールが限定的ではありますが可能となります。このコントロールによって資産を失う危険性のある重要な指標の発表日は、あえて投資を行なわない決断も個人投資家はしなくてはならない時があります。

しかしヘッジファンドの仕掛け日は、市場は間違いなく大幅な変動を起こします。そのため、この日に投資を行なわないということは、大きなチャンスを逃してしまう場合も考えられます。仕掛け日に乗るにせよ、避けるにせよ、個人投資家はヘッジファンドによって縛られていると考えさせられる事実ですね。

積立保険カテゴリーの特徴

1月 29th, 2015

保険の種類の一つとして、積立保険というものがあります。これは掛け捨て保険の対義語として扱われるもので、一つ一つの保険を指しているものではなく、カテゴリーの一つだと考えて頂ければ良いでしょう。では、積立保険というカテゴリーは掛け捨て保険というカテゴリーと比べて、どういった違いがあるのでしょうか?

積立保険というのは保険としての役割だけを持っているのではなく、同時に貯蓄としての役割も持っているものだと考えて頂ければ良いでしょう。積立保険としてカテゴライズされる保険としては、終身保険や養老保険などを挙げることができます。これらの保険の共通点は、最終的に必ず保険金が戻ってくる、という点にあります。終身保険は満期がありませんから死亡時に支払われる保険金は必ず支払われます。養老保険は満期がありますが、満期の際に支払われる返戻金も死亡保険金と同様です。

対して掛け捨て保険というのはこういった返戻金制度というものが設けられておらず、保険期間を特に問題なく過ごした場合については保険料は戻ってきません。その代わり保険料は保険のためだけの費用ということになるため、かなり格安に設定されているというメリットがあります。

自分年金を作る金融商品の選び方

1月 16th, 2015

老後の生活資金を公的年金や企業年金に依存せずに、自分の資産を元に運用して育てることを自分年金と言います。ニュースを通じて公的年金に対して危機感を抱いたり、勤務先で退職金制度が見直されたりなど、取り巻く環境が厳しいものとなっているので、自助努力によって自分年金を作ろうという動きが少しずつ広まっています。

ところが金融商品は世の中に数多くありますので、何を選べば良いのかわからないという声もよく聞きます。
金融商品選びのポイントは「お金をいつ使うのか」を考えてそれぞれで管理するイメージを持つことです。考え方としては短期、中期、長期の3つの視点を持つことです。

たとえば3年後にマイホームを買おうと考えているのであれば、使い始めるまでの時間が短いので、定期預金のような比較的安全性の高い金融商品を選ぶと良いでしょう。

中期の場合はお子さんの大学入学などでまとまったお金を支払う場合です。この場合は使いはじめまで少し時間がかかるので、元本の安全性よりも債券や国債に投資する投資信託など少し高めのリスクをとりながらお金を働かせます。

そして老後の生活資金とする場合は、高額の費用が必要となるので、株式に投資する投資信託など大きく資産を育てられるような投資を利用すると良いです。

これからの資金づくりに最適な不動産投資

12月 9th, 2014

景気があまりよくない日本では、老後の生活が心配になっている人が多いとされています。今後、日本では公的年金の支給金額が今よりも下がるといわれています。さらに、消費税増税は、今後も段階的に行われることから、これらは日常生活に大きな負担となることが指摘されるようになっているのです。

このような状態が続くようになると、老後は安心できないため、いまから老後の生活資金を稼ぐ必要があるといわれています。老後は、多くの生活資金を準備しなければならないため、金利が低くてなかなか利息がつかない銀行預金ではなく、もっと利回りが高い方法による資金づくりがよいとされています。

資金づくりとして、投資への関心が高まるようになっています。投資には株や信託など、さまざまな方法がありますが、不動産投資を行なう人も見られようになっているようです。不動産投資では、バブル時代に行われてきた土地の売買ではなく、賃貸で収益を上げるといった方法が注目されるようになっています。

この投資方法では、賃貸物件の家賃収入によって利益が得られるようになるため、安定した資産形成ができるようになるといわれています。そのことから、今後、資金づくりとして行なう人が増えているようです。

以下も参考にどうぞ。
お勧めの不動産情報サイト
役に立つ情報が満載のサイトです。

効果的な資金づくりを助けるアドバイザー

11月 28th, 2014

長寿社会に迎えた日本では、平均寿命が高くなるにつれて、年金を受け取る人が増えるようになったため、年金暮らしをする人にとっては、安心した資金づくりができなくなっているとされています。

そして、会社を退職してから老後の生活資金はたくさん必要となるため、今後は、もっと多くの生活資金を蓄える必要があるといわれています。

老後の生活においてゆとりをもつための資金については平均寿命を超えるようになると、1億円にもなるといわれています。しかし、将来においては年金支給額が減るようになり、さらに景気がよくないため、これほどの資金を蓄えることはできなくなっているといわれています。

いまこのような多額の資金をつくるには、投資を活用することがよいといわれるようになっています。投資であるなら、大きな資金づくりができるようになるとされています。しかし、投資はリスクや投資ストレスが感じることが問題とされています。そのため、年金づくりを効率よく行なうために、独立した資金づくりの専門家であるファイナンシャルプランナーが活用されるようになっています。

このようなファイナンシャルプランナーはIFAと呼ばれ、IFAは、投資家にとってふさわしい資産形成を助けるアドバイザーとして活用が期待されるようになっています。

死亡保障と貯蓄で安心の保険

11月 7th, 2014

公的保険への不安が高まっていますが、年金不安をなくすためには、今から老後の生活を考えなくてはならないといってよいでしょう。この年金不安を解消するためには、さまざまな方法がありますが、預金以外でも蓄える方法があります。

景気のよくない日本では、資金づくりにおいて無理なく安定したものでなくてはなりません。そこで、毎月コツコツと蓄える貯蓄方法がよいといわれているのですが、中には保険料の支払い負担を軽減してくれる方法に人気があります。

いま、このような負担を解決してくれる養老保険があり、この保険では、死亡保険と貯蓄といったものであるため、毎月の支払負担を少なくして効率よく活用できるようになるとして人気が上昇しています。

養老保険では、保険期間中に死亡した場合、死亡保険金を受け取れるようになり、また無事に保険期間が過ぎた場合は、満期金として死亡保険金を受け取ることができるようになります。この保険は、死亡保障と貯蓄が効率よく行えることから、今後、老後の安心を保障してくれる保険として活用されることが期待されています。養老保険では、保険期間中、また満期でも安心できる保険として、今後多くの人から関心が高まるといわれています。

老後の生活資金が貯められる貯蓄保険

10月 29th, 2014

日本は将来、さらに少子高齢化が進むようになるため、老後の生活においては安心できないといわれています。このような状態が進むようになると、将来は公的年金支給額が減ってしまい、公的年金支給年齢についても上昇してしまうようになるのです。

しかし、このような状態が続くようになると、老後の生活においては安心した資金づくりができなくなるといわれています。そのことから、足りなくなってしまう公的年金を補うような年金の活用が進められるようになっています。

私的年金には、企業が行なっている確定拠出年金や生命保険会社が扱っている個人年金などがあります。確定拠出年金は、この制度を導入している企業のみが活用できるようになるため、一般的ではありません。そのことから、日本では、個人年金が広く活用されるようになっています。

個人年金は、個人年金保険と呼ばれている保険がよく活用されています。この保険は、毎月保険料をコツコツと積み立てることで年金を作るもので、貯蓄保険の一種として活用されるようになっています。

個人年金保険は、老後において受け取ることができる年金額が決まっているため、老後の生活資金が貯められる貯蓄保険として、今後、活用が期待されるようになっています。

日本でのヘッジファンドといえる組織はあるのか

10月 12th, 2014

ヘッジファンドとは、海外に存在している投資資金を民間から集めて、市場を動かしている投資組織です。このヘッジファンドなのですが、日本でも投資信託関連の商品をヘッジファンドという名称で販売している事があります。ここで疑問なのですが、日本のヘッジファンドは本当にヘッジファンドと呼べる様なものなのかという考えが浮かび上がります。

ヘッジファンドの定義は曖昧なのですが、活動理念としまして配当者の為に徹底的に利益を追求するというものがあります。その行為は時にモラルを問われる様な市場介入も多く、たびたび問題になっています。日本のヘッジファンドとされている商品の多くは、単なる投資信託の場合がほとんどで、利益追求よりも損失を損なわない受身の投資をしている業者がほとんどです。

そう考えますと、日本のヘッジファンドと呼ばれる商品がヘッジファンドといえるかは疑問を感じます。しかし日本のものは、利回りが低い分安全に資産運用をしているとも考えられます。それでも利益追求を業者に求めるのであれば、海外のヘッジファンドと直接契約をしまして、海外投資をすると国内業者の投資信託よりも儲けられると思います。手間は掛かるでしょうが、それだけの価値はあるかと思います。

人気急上昇中の関連記事はこちらから
日本人が運用するヘッジファンドとは?