老後の生活資金が貯められる貯蓄保険

10月 29th, 2014

日本は将来、さらに少子高齢化が進むようになるため、老後の生活においては安心できないといわれています。このような状態が進むようになると、将来は公的年金支給額が減ってしまい、公的年金支給年齢についても上昇してしまうようになるのです。

しかし、このような状態が続くようになると、老後の生活においては安心した資金づくりができなくなるといわれています。そのことから、足りなくなってしまう公的年金を補うような年金の活用が進められるようになっています。

私的年金には、企業が行なっている確定拠出年金や生命保険会社が扱っている個人年金などがあります。確定拠出年金は、この制度を導入している企業のみが活用できるようになるため、一般的ではありません。そのことから、日本では、個人年金が広く活用されるようになっています。

個人年金は、個人年金保険と呼ばれている保険がよく活用されています。この保険は、毎月保険料をコツコツと積み立てることで年金を作るもので、貯蓄保険の一種として活用されるようになっています。

個人年金保険は、老後において受け取ることができる年金額が決まっているため、老後の生活資金が貯められる貯蓄保険として、今後、活用が期待されるようになっています。

日本でのヘッジファンドといえる組織はあるのか

10月 12th, 2014

ヘッジファンドとは、海外に存在している投資資金を民間から集めて、市場を動かしている投資組織です。このヘッジファンドなのですが、日本でも投資信託関連の商品をヘッジファンドという名称で販売している事があります。ここで疑問なのですが、日本のヘッジファンドは本当にヘッジファンドと呼べる様なものなのかという考えが浮かび上がります。

ヘッジファンドの定義は曖昧なのですが、活動理念としまして配当者の為に徹底的に利益を追求するというものがあります。その行為は時にモラルを問われる様な市場介入も多く、たびたび問題になっています。日本のヘッジファンドとされている商品の多くは、単なる投資信託の場合がほとんどで、利益追求よりも損失を損なわない受身の投資をしている業者がほとんどです。

そう考えますと、日本のヘッジファンドと呼ばれる商品がヘッジファンドといえるかは疑問を感じます。しかし日本のものは、利回りが低い分安全に資産運用をしているとも考えられます。それでも利益追求を業者に求めるのであれば、海外のヘッジファンドと直接契約をしまして、海外投資をすると国内業者の投資信託よりも儲けられると思います。手間は掛かるでしょうが、それだけの価値はあるかと思います。

人気急上昇中の関連記事はこちらから
日本人が運用するヘッジファンドとは?